Leicaのセンサーを積んだ最強のアクションカムが出た!

カメラなどに興味を持った方が必ず通るだろう道が、アクションカムだと思います。
そんな、アクションカムに最強な『これを買っとけばオッケー』という物が出ましたので、紹介しようと思います。

その名は、『insta360 one R』です!

スポンサーリンク

自分好みにカスタマイズ出来るアクションカム

このアクションカムは様々な形に変化して自分の使いたい方法に合わせて使用する事が出来ます。

カメラの向きを変える事で自撮り用など、それぞれの機器がブロック状に分かれるのが特徴です。

カスタマイズの紹介

この他にも様々な組み合わせをする事が出来ます

ベーシックスタイル

4K60fpsで撮影する事が出来るベーシックレンズを積んだ、theアクションカムです。
サイズ感が良く、レンズの向きを変えれば自撮りスタイルにも対応

1インチセンサーレンズ

Leicaの1インチセンサーを搭載した、アクションカム最高峰の画質を持ち合わせています。
レンズが多少飛び出ますが、気にならない程度で、自撮りスタイルにも対応

360度撮影対応レンズ

全面と背面にレンズが付いているタイプで、360度撮影が可能。

ドローン版

Mzvic2とMavicProそれぞれに対応したモジュールがあり、これを使うことにより、ドローンでの360度撮影が可能となります。

3Dモジュール

3D撮影が可能なモジュールです。
アクションカムで3D撮影が可能なのは現在ではこれだけです。

大容量バッテリー

大容量バッテリーモジュールを使う事によって、長時間撮影に対応しています。

スポンサーリンク

Leicaの1インチセンサー

右:4K 左:5.3K

センサーサイズを1インチサイズにする事により、従来のアクションカムでは4Kまでが限界でしたが、5.3Kまで出せるようになりました。
これにより、一眼レフのようなカメラでは撮れない撮影がより臨場感の味わえる撮影が可能になりました。

普通のアクションカムやスマホのカメラでは1/2.3インチセンサーを積んでいます。
この変化は上の動画でも分かるように圧倒的な差が出ます。

スポンサーリンク

手ブレ補正の強化

右:手ブレ補正なし 左:手ブレ補正あり

手ブレ補正の強化によって、ジンバルを必要としないアクションカムとなりました。
これにより、撮影装備の軽量化、スノーボードやスカイダイビングなどジンバルを付ける事の出来ないシチュエーションなどで安定した映像の撮影が可能となります。

録音の音強化

様々なスタイルでの音声録音を可能とする事により、よりよい音声を録音する事が可能となります。
従来のアクションカムでは、映像美をこだわる一方で音声がいまいちな事が多く、この音声強化はとても嬉しい事ですね。

Airpodsに接続する

Airpodsに接続する事ができ、そこから音声録音をする事が出来ます。
ピンマイクの要領で音声をとる事が出来る為、より品質の良い音声を録音できます。

無線マイク接続

このモジュールを装着する事により、無線マイクや有線マイクの接続が可能となります。
マイクにとことん拘る方はこれは必須アイテムとなります。

その他にも色々な魅力がある!

防水ハウジング

ケースなしでも、5メートルまでの防水機能がありますが、ダイビングや壊れないか心配な方は防水ハウジングを装着する事により、60メートルまでの潜水が可能となります。
60メートルの世界を5.3Kで撮影するのにこの価格帯で出来るのは素晴らしい事だと思います。

GPSデータによる追跡

録画ログをGPSでとれるので、どこで撮影したかなどのデータを後から確認する事が出来ます。
データの管理などがやりやすくなりますので、便利です。

その他にも、AppleWatchでの制御など様々な事が出来ます。
その他情報は公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事