PS5のコントローラー『DualSense』遂にお披露目!Xboxコントローラーよりのデザインへ
スポンサーリンク

PS5コントローラーその名も『DualSense』

従来のPS4コントローラーと同様のボタン配置ですが全体デザインはどことなくXboxコントローラーと似ているデザインになっています。

Xboxコントローラー

日本ではXboxコントローラーを使っている人は少ないですが、海外ではPS4コントローラーよりもXboxコントローラーの方が人気が高いです。

『Fortnite』のクロスプレイ実装でその違いが顕著に現れました。
海外のストリーマーはPCコントローラーでプレイする時必ずXboxコントローラーを使用している配信者の方が多かったです。

スポンサーリンク

PS4コントローラーとの違い

『SHARE』ボタンを『Create』ボタンへ変更

最初の画像を見てお気づきの人もいると思いますが、この『DualSense』ではPS4コントローラーの”SHARE”ボタンを削除して"Create"ボタンが新しく出来ました!
"SHARE"ボタンと同様の機能+αされた機能が搭載される予定です。

PS4オリジナルの機能であった"SHARE"ボタンですが、どのような進化がされるか楽しみですね。

詳細はまだ発表されていませんが、今後発表があり次第当サイトでも掲載します。

内部の機能をアップ

ゲーマーでオフにしている人も多いと思いますが、『バイブレーション機能』などにも変更が加わりました。
より臨場感が加わるように、振動などをする事によりゲームへのリアリティが追求されています。

また、L2/R2ボタンにも『アダプティブトリガー』という物を搭載しており、弓を弾く感覚などがよりリアルに体感する事が出来ます。

マイク内臓で急なVCへの対応も

今回のコントローラーには内臓マイクが搭載されています。
普段はVCはしないけど、急な呼びかけにヘッドセットを用意するのに時間がかかってしまって終わってしまったなどの経験はございませんか?

そんな人の為、普段ヘッドセットはしない人の為にコントローラーにマイクが内臓されました!

充電ケーブルが『USB-C』に変更へ

これは、公式発表では触れられていなかった部分で画像を見て判断しました。
間違っていた場合はすみません。

充電接続部が『microUSB』から『USB-C』に変更になっています。
これにより『DualSense』の拡張性が気になります。

以前、PS4コントローラーで『背面アタッチメント』という商品が発売されました。

それは、PS5への布石だと思っていましたが今後『DualSense』のこのようなアタッチメントが増えると思われます。
それは『USB-C』にしたことにより色々と幅が広がるからです。

スポンサーリンク

PS5の詳細スペックについて

以前、発表されたPS5のスペックについての記事はこちらです。
是非ご覧ください!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥38,500 (2020/08/07 12:42:58時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事