絶対にするべき設定!ゲームが快適になる起動オプションのコマンド一覧【ApexLegends】

今回紹介するのはPC版でのみ使える方法です。

スポンサーリンク

そもそも起動オプションとは・・・?

起動オプションとはPC版の『ApexLegends』でのみ使える、よりゲームを快適に遊ぶ為の設定です。

起動用オプションで出来る事

  • FPS(フレームレート)の上限を上げる
  • PCをより最大限に生かしてゲームを快適にする
  • 序盤のムービーをスキップする

など、様々な細かい設定をする事が出来ます。
これだけ聞いただけでも設定する価値があると考える人も多いと思います。

よりゲームが軽くなるので、ちょっとゲームが重いなと感じた方は設定してみて下さい。

スポンサーリンク

起動オプションの設定方法

まず、『ゲームライブラリ』から『ApexLegends』を選択します

クリックしたら出てくるウィンドウの歯車マークをクリックします

『ゲームプロパティ』という所をクリックします。
しかし、ゲームが起動中だとここの項目がクリック出来ないのでゲームを閉じましょう

『ApexLegendsのプロパティ』というウィンドウが出てきたら、『詳細な起動オプション』を選択してください。

『コマンドラインの引数』の下の空欄にこの後紹介するコマンドを入力して保存すればゲームへ反映されます

スポンサーリンク

起動オプションのコマンドラインの引数一覧

入力するコマンド一覧です。
好きな物を並べれば使用する事が出来ます。

コマンド効果備考・優先度
-fullscreenゲームを起動するとフルスクリーンになるフルスクリーンでゲームを
プレイする人は必須です
-novid起動時のムービーをスキップする
-preloadゲーム開始時に必要な物を先にロードする最初のロードが長くなります
-highCPU使用率を上げる配信者だと配信がラグくなる可能性あり
-threads 8CPUのスレッドを強制使用させる配信者には不向き
+m_rawinput 1マウス入力がwindowsを介さずにゲームに直接入力される。エイム力が上がるので入れた方がいいです。
-useforcedmparms
-noforcemaccel -noforcemspd 
マウス加速などを切る上に同様でエイム力が上がります。
-refresh 240リフレッシュレートを240Hzにするモニターが240Hzならこれを入れます。
-refresh 144リフレッシュレートを144Hzにする-refresh 240 との併用は不可
+fps_max unlimitedフレームレートの上限を無くす+fps_max 0 でも同じ効果になります
+fps_max 240フレームレートの上限を240fpsにする上限を設けたい場合はこちらを入れる
+cl_showfps 4フレームレートを左上に表示する
+cl_showpos 1キャラの移動速度と座標を表示する
-nojoyコントローラー設定を無効化する多少軽くなります。-noff でも一緒の効果があります
+exec autoexec自動読み込み設定をロードする
-forcenovsync垂直同期をオフにする

コマンドとコマンドの間には半角スペースを必ず入れてください

おすすめコマンド

自分的にオススメのコマンドを今回は紹介します。
このまま使用してもいいですし、自分に必要な物を追加、削除して使用してください。
書き方の形式的な物にもなりますので参考にどうぞ

おすすめコマンド

-novid -fullscreen +m_rawinput 1 -preload -forcenovsync -useforcedmparms -noforcemaccel -noforcemspd +FPS_MAX Unlimited +miles_language english -nojoy

これさえ入れておけば、だいぶ快適にゲームをプレイする事が出来ます。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事